スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

嗚呼、ゾイドゴジュラス。 そのQ

s-IMG_3204.jpg
胴体固定後、ベース部をダイソー軽量粘土(黒)を2個ほど使用して地面を作りました。
粘土が乾燥する前に尻尾、腕、頭部などを取り付ける。

尻尾と左腕はアルミ線を通して、スタイロフォームに差し込んでます。
なぜ、ゴジュがキャノン砲をつかんでいるのか? 製作者も説明できません。(^^

ポージングに関しては、もうちょっとゴジュに演技させたかったのだが、
技量不足というかベースにガッツリ固定することに重点を置いたので、
「そのまんま倒しましたね。」という感じになってしまったのが反省点です。

ついでに鉄道模型用の小岩をテキトーにばら撒いてます。


s-IMG_3213.jpg
次に軽量粘土(白)を使って雪を表現してみました。
えぇ、また『雪』です。 何気に軽量粘土は使い勝手がいいです。


s-IMG_3239.jpg
2・3日経って粘土が完全に乾燥したら、タミヤの透明エキポシ樹脂を流し込んでみました。
今回は『氷』の表現にもトライしてみました。
説明書によるとエナメル塗料で着色できるとのことなので、
エナメルの白とフラットベースを数滴入れてみたのだが、圧倒的に透明のままでした。
何かがちがう気がする。(TT


s-IMG_3241.jpg
エキポシ樹脂が完全硬化後にアクリルクリヤーにフラットホワイト+フラットベースを入れて、
白濁としたクリヤーホワイトを作り、エアブラシで吹いてみました。
白を入れすぎると透明度が無くなるので塩梅を考えながらやってみました。




s-IMG_3279.jpg
ここまでの過程で4ヶ所ほどゴムキャッップ軸がなくなったので、
キングゴジュラス(リバセン版)の捨てランナーを使用。
偶然なのか大型ゾイドのゴムキャップの穴と同径の太さでした。
多分、軸が破損した時に代用できるように金型を作っていたのかも知れません。
当時のトミー恐るべし!


s-IMG_3280.jpg
マークⅡ装備特有のゴムホースはコトブキヤ・メッシュホースで再現。
切り口がほつれないように熱収縮チューブで止めてます。




s-IMG_3281.jpg
最後に情景テクスチャー雪+重曹を水とクラフトボンドで溶いたものを、全体に塗りました。
真っ白にし過ぎないようにほどほどにやりました。

作業を2013年に持ち越したくないので、これにて完成。
それではよいお年を~!! (^^
関連記事
スポンサーサイト
2012-12-29 : ゾイド ゴジュラス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

KUMA56 ( くまごろう )

Author:KUMA56 ( くまごろう )
KUMA56's Modeling Farm
へようこそ!

不定期更新モデラーです。
主にゾイドをいじってます。
気ままに徒然とやってます。

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。