スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

HMM ダークホーンを比較的簡単な方法で作る 3

さぁ、いよいよパーツを切り離してダークホーンを組み立てるぞぉ!
と行く前に、スミ入れを少々行いナウ。

IMGP0323.jpg
後のことを考え銀色のパーツにトップコート(つやあり)をスプレーして、
組み立てたら面倒そうな箇所や可動部分にササッとスミ入れをしました。
使った色は、タミヤエナメルのダークグレーにつや消し黒とレッドブラウンを少々。
パーツによっては切り離したり、ランナーに付いたままだったり。

IMGP0330.jpg
「プラスチックを溶かす!」といわく付きのコトブキヤ軟質素材をスプリング(壽屋製)に変更。
ダークホーンだと胴体を通ってる動力パイプや弾薬ベルトがそれになります。

因みに当方が所持しているHMMセイバータイガーの軟質素材は癒着して、とんでぇもないことになっています。
ここは是非とも品質改良、材質の見直しをして欲しいものです。m(_ _)m

そして、スプリングはサビるといやなので、プライマーコート!
ゾイドコアもついでにプライマーコート!→トップコート(艶有)→エナメル銀でペイント!

いよいよ組立てに入れそうです。(つづく)


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
↑壽杯でお世話になったMGサイト様がコンペ<MGC2>を開催とのこと
スポンサーサイト
2010-11-30 : HMM ダークホーン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

HMM ダークホーンを比較的簡単な方法で作る 2

今回はスプレーで塗装しなかった箇所の塗装・細部の塗り分け(ふでぬり)になります。
この方法だと「早く組み立ててぇ~」という衝動を抑えるのが大変だったりする。

IMGP0315.jpg
まずは小火器・キャップ・キャノピーなど緑色系の塗装。
旧トミー版のダークホーンに配色を近づけたいので小火器はミドリ色に変更。

小火器はクレオス・グリーンFS34227&ファントムグレー&ガイア・シルバー
キャップはクレオス・ロシアングリーン+白
キャノピーは白サフ→マスキング→クレオス・蛍光グリーン→トップコート(ツヤあり) で塗装。
2010-11-16 : HMM ダークホーン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

HMM ダークホーンを比較的簡単な方法で作る 1

9月に購入したコトブキヤのHMMシリーズ「ダークホーン」を比較的に簡単工作・塗装で作ろうと思います。

今回はスプレー塗装メインで週末・晴れた日に「プシュ~」とやってます。

IMGP0312.jpg
使ったスプレーは
・タミヤのサフェイサー、白のファインサーフェイサー、
・クレオスのシルバー、Gスプレーのファントムグレー、
・ニッペ(日本ペイント)の蛍光グリーン、
(本当はアサヒペンの蛍光スプレーが使いたかったのだが、近所のホームセンターが取り扱ってなかったする。)

以上のカラーが主な塗料になります。
2010-11-02 : HMM ダークホーン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

KUMA56 ( くまごろう )

Author:KUMA56 ( くまごろう )
KUMA56's Modeling Farm
へようこそ!

不定期更新モデラーです。
主にゾイドをいじってます。
気ままに徒然とやってます。

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。